FC2ブログ

TRICITY、いよいよ日本の公道へ。

ヤマハの挑戦。 LMW 日本仕様が発売に

 新しい乗り物……というほど鮮烈ではないけれど、以前から世界戦略車として取り沙汰されていたヤマハの前三輪モデル「TRICITY(トリシティ)」の日本仕様が1日に発表され、注目が集まっている。こうした乗り物自体は、世界に目を転じれば数年前からピアッジオの「MP3」シリーズが欧州でヒットを飛ばしているんだけど、今回は日本のメーカーが国内に向けたブランド展開を本格的に開始したってところがポイントなわけだ。ライダーには新しモノ好きが多いのか、新製品の話題に対しては常に敏感。そんなわけで「ついに日本もこの域に達したか」なんて感慨にふけりつつ、同製品をチェックしてみた。
01_20140705182757478.jpg
 「LMW」という呼称が定着するかどうかはわからないけど、これは"Leaning Multi Wheel"の略。要するにバイクみたいに、曲がる方向に傾斜する3輪以上の車両のことを、ヤマハ的にこう呼ぶんだそうな。んで、同モデルの場合はこの機構に、独自のリンク構造に左右独立懸架のテレスコサスを組み合わせたものを採用している点がミソ。バンク機能と左右のサスの動きを独立させることで、「ハンドリングのヤマハ」という触れ込みに違わない深いバンク角や切れ角と、ギャップの吸収性などラグジュアリーモデルに欠かせない乗り心地のよさを両立させているとか。そうなるとライダー的には、複雑な機構によってスクーターとは真逆のフロント寄りの重量バランスが、ライディングにどう影響するのか気になるところ。同社はここにMotoGP技術をフィードバックさせ、前後重量配分を50:50に抑えつつ、燃料タンクの配置を工夫するなど、低重心化も追究しているんだとか。
03_20140705182819e3c.jpg
 パワーユニットは、世界戦略モデルだけあって水冷125cc・CVTエンジンをアンダーボーンフレームに搭載。125クラスにしては、排気量に対して車体重量が150kg以上もあるけれど、別に立ちゴケするわけでもないのでこれは問題外。赤・白・黒の3色で展開するおしゃれでモダンなスタイルと相まって、市街地での軽快さや優れた乗り心地、乗り降りのしやすい形状や大容量のシート下スペースなど、スクーターと同じ高い利便性を持つ。どうせなら、スクーター然とした面構えから完全に脱却する見た目のインパクトがほしかったけど、それは次期モデル以降に期待すべきことか。

 また、ビギナーにも扱いやすい前後輪連動ブレーキの搭載や、元AKBで人気タレントの大島優子をキャラクターに起用してみたりと、ハードとソフトの両面でバイクに免疫がなくても入り込みやすい"入り口"が用意されている。つまり維持費が安い125ccクラスの需要拡大を追い風に、二輪ユーザー以外の層にも新たな移動手段として拡大させる狙いが見てとれる。価格もマジェスティSと同レベルで、特に高額というほどでもないしね。
02_20140705182809e45.jpg
 ちなみに車両区分としては原付二種に含まれ、免許は小型限定普通二輪車免許が、乗車にはもちろんヘルメットが必要だ。何にしても、日本の道路に新しいスタイルの乗り物が増えていくのはイイこと。この導入によって国内の二輪車、ていうかモビリティの世界がどう変わるのか、本誌的に気になるところだ。なお同モデルは全国7都市の特設会場で展示イベントを実施中。ヒルズや渋谷と並んで、名古屋でも8月末にミッドランドスクエアでやるんだそうな。いってみようぜ。

■SPECIFICATION
全長:1905mm 全幅:735mm 全高:1215mm シート高:780mm
エンジン型式:水冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒 124cc 最高出力:8.1kw(11ps)/9000rpm 最大トルク:10N・m/5500rpm
車両重量:152kg 燃料タンク容量:6.6リットル 価格:356,400円

■TRICITY展示スポット・名古屋
日時/8月30日 11:00~19:00 会場/MIDLAND SQUARE B1Fアトリウム 住所/名古屋市中村区名駅4-7-1
●問い合わせ TEL/052-527-8877 http://www.midland-square.com/

■TRICITY スペシャルサイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/special/pc/

クシタニ名東店の隣にカフェ「Rivermet」がオープン!!

ライダーの癒しスポットになるかも!?

 緩やかな丘陵に閑静な住宅街が広がる愛知県長久手市。リニモが頭上を走る幹線道路に面した場所にある「クシタニ名東店」は、おしゃれなライダーが集まるライディングギアのブランド店だ。そんな同店の西側スペースに、カフェがオープンしたことをご存じだろうか。
10.jpg
 「クシタニ」といえば、レザースーツをはじめクロスジャケット、バッグやアクセサリーなど幅広く展開するライディングギアの老舗ブランド。同時にユーザーフレンドリーな活動に力を注ぎ、休日に各地で開催されるコーヒーブレークミーティングは人気。また新東名SAの「ネオパーサ清水」内において、セレクトショップ「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」を展開し、注目を集めている。
01大の横Ver
 愛知県内では西区と長久手市、岡崎市の3店舗が営業しているが、その名東店の店舗西側のスペースに、3月下旬にカフェがオープンした。従来、同店西側には大きなウェルカムスペースが設けられ、バイク関連の雑誌や書籍が置かれ、コーヒーも自由に飲めるなど、休憩所として機能していた。そこを今回、常連のお客さんの1人が借り受け、新たにカフェとして整備されたわけだ。
店内1
 真新しい店内は、おしゃれでこぢんまりとした雰囲気。バイクが展示されているなど、二輪との関連を伺わせる内装ではないが、実はオーナーの川合さんは女性ライダー。特に"ライダー向け"ではないけれど、逆に様々な人が気軽に利用できるアットホームな空気感が、またいい。コーヒーの香りに満ちた店内は専門店だけあり、厳選されたこだわりの素材が目を引く。
店内2
 地元の「松本珈琲」からトップブランドの豆を仕入れ、現在ブレンドを中心に5種類の味を楽しめるとか。特に川合さんが独自に研究・開発したオリジナルブレンドはイチオシで、手間と時間をかけて1杯ずつていねいに蒸らしながらドリップされるコーヒーは、通好みの要望にも応えてくれるという。ホットドッグなどの軽食も楽しめ、ゆっくりと流れる時間や、バイク好き同士の会話も楽しめるアットホームな空間だ。猿投方面からのツーリングの帰路に気軽に立ち寄れるので、ライダーにとっては東海地区にまた1つ、新たな楽しみが増えたというわけだ。
店内3

■「カフェ リバーメット」
愛知県長久手市貴婦嶽210 TEL070-6414-6590 営業時間:10:30~17:30 定休日:水曜日・第2 第3火曜日※不定休あり http://coffeerivermet.wix.com/rivermet

ヤマハ流トリプルの真骨頂を見た!

遅ればせながら「MT-09」に乗ってみた。

発表以来、話題沸騰のヤマハのブランニュー「MT-09」が、いよいよ今月10日より発売となる。ストリート&日常域でのパフォーマンスに軸足を据えた新型3気筒モデルとあって、本誌編集部でも注目していたのだけど、訪れた「バイクは楽しい モトハーバー」ではさっそく試乗車を導入。たったいまナンバーを付けたばかり、というところに出くわしたので、拝み倒して味見させてもらった。

MT-09A.jpg

詳しい試乗記は後日の本誌インプレに譲るとして、何はともあれ驚いたのが、このコンパクトさ。昨今は750クラスがかつての400くらいのボリューム感だと思っていたけど、実感としては250クラスに見えるほど。またがった感じも、さすが車両重量191kg(ABS搭載モデル)とあって、170kg台のNinja250とそれほどの差はないように感じた。

MT-09各部1

エンジンはFI採用の水冷4ストロークDOHC 4バルブ3気筒。始動したエンジン音はヤマハのマルチそのもので、いい音だけど4気筒と変わりはない。乗ってみると予想どおりとにかく軽快で、コンパクトな割にポジションは窮屈感もなく、拍子抜けするほど乗りやすい。キレのあるデザインは現代的な各部の造形でキリッとまとまって、マッシブな凝縮感が好印象だ。シートの開閉はフェンダー下に配置されたキーホールで行うんだけど、シガーソケットみたいなフタがついていておもしろい。

MT-09各部2-1

乗り出して「ホントに110psもあんのか?」と思ったのも束の間、右手のモードセレクターでAモードに切り替えてみると、レスポンスが一気に鋭くなる。うかつに開け気味でコーナーに入ると、新品タイヤではすぐにコントロールを失うほどだ。逆にBモードでは市街地で物足りなさを感じるほどダルで、スイッチ1つでガラリとキャラが切り替わるから現金なモンだ? 3気筒をしてよく「ツインとマルチのいいとこ取り」なんて言うけど、オレ的にはツインでもマルチでもない、トラでもヤマハでもない、独特のまったく新しいヤマハを見た気がして、何だか嬉しくなっちまった。

試乗1

ヒラヒラと軽く、まるでモタードを乗り込んでいるような感じで、気負いも違和感もなくすんなり入り込めたMT-09。久々のヒット作の予感に、ついお金もないのにローンの計算なんかしてみたりして!?

■SPECIFICATION
「ヤマハ MT-09A」
全長:2075mm
全幅:815mm
全高:1135mm
シート高:815mm
エンジン型式:水冷4ストロークDOHC 4バルブ3気筒846cc
最高出力:81kw(110ps)/9000rpm
最大トルク:88N・m/8500rpm
車両重量:191kg
燃料タンク容量:14リットル
価格:899,640円

●問い合わせ
「バイクは楽しい モトハーバー」
愛知県江南市小折町桜雲180
TEL0587-54-3228
http://www.turumi.co.jp/

珍しく暖かだったブルーボネットでのキャッチ

9号地にバイクが集合! 「キャッチインライダース・Z inブルーボネット」
zennkei.jpg

本日の「キャッチインライダース・Z」はお疲れさまでした!!

2月ともなると例年、厳しい寒さの下での開催となることが多いのですが、今日は日差しも暖かで穏やかな1日でしたね。そんなわけで今回も、会場となった「ブルーボネット」にはたくさんのライダーが駆けつけてくれました。

特にアクセスのいい場所柄もあってか、ナンバーを見ると名古屋市内はもちろん三河、三重方面など各方面から集まった感じ。そのためバイクもまるで見本市で、レアなマシンや年代物など見ていて飽きないラインナップでしたね。

全面禁煙、トイレも遠いなど不便もありましたが、参加していただいたみなさん、ありがとうございました!!

そんな今回でしたが、会場にはマイカメラ持参のライダーが目につきました。お手軽なスマホ撮りが全盛の昨今、オレ的にはちょっと嬉しかったので、ピックアップしてみました。

カメラ1-1
ななんと、かの「マミヤ」の「ニューマミヤ6」じゃないですか!? レンズはやっぱりG75でしょうか。中判(6×6)とは通な方ですな。

カメラ2-1
こちらは「Canon」のミラーレス1眼「EOS M」でしょうか。レンズ交換可能なコンデジはツーリングにピッタリですよ!

カメラ3-1
入門機として最適の「ペンタックス K-m」は、眼レフの中では世界最小を謳う意欲作。小さいですが、実は名機だったりします。

カメラ4-1

むっ、「SONY」の「NEX-3K」だろうか? やはりミラーレスは人気ですね。この兄弟機種は本誌編集部でも使っています。

というわけで、本誌に撮られるだけでなく、みなさんもぜひマイカメラで愛車の写真を撮ってあげてくださいね!! 次回キャッチは3/1(土)、墨俣一夜城のほとりにある岐阜県大垣市「さい川さくら公園」駐車場ですよ!!
オヒマナラキテヨネ!!


本誌スタッフのアフターキャッチ

奥三河・段戸湖でトラウトを狙う。

というわけで、ローカルながら美味しく楽しく盛り上がった「つぐキャッチ」。奥三河のグルメを堪能しつつ会場を撤収した「アフターキャッチ」は、会場から小一時間ほど西へ走ったバンガロー「きららの里」へ。今回はここでお祭りの打ち上げ(?)も兼ねて、出演スタッフらを交えて大勢でBBQとしゃれこみました。

段戸湖1

すぐ隣には段戸湖があって、愛知県下最大のブナの原生林が広がるひっそりとした池なんだけど、実はここはトラウトの管理釣り場。豊川の源流域、標高900mという素晴らしいロケーションとくれば、もうじっとはしていられません。釣り堀とはいえ、こんなシチュエーションでトラウトを狙ったのは初めてですが、ともあれ午後券を購入してスプーンを投げてみました。

キャスト

当日は「前日にニジマスを放流したから釣れるよ!」という管理人のおじちゃんの言葉とは裏腹に、陽のある間はさっぱり。どうもこのところ気温が高く、活性があまり高くないようです。対岸ではフライのアングラーがヒットさせ、景気の良い水音をたてているのですが……。ところが日没直前、ようやくオレのロッドにもニジマスがヒット。キャッチしてみれば22cmほどの鮮やかな魚体は放流といえど見とれるほど美しく、面目も保てたところでロッドオフとしました。
※スプーン/4.5g・ゴールド×ピンク ラインは4lb

ニジマス1-1

この貴重な1匹は、ありがたく夜のBBQで塩焼きにしていただきました。久しぶりの宿泊&BBQは楽しかった~!!


■段戸湖ルアーフライ管理釣り場
問い合わせ/設楽町観光協会(TEL0536-62-1000)
Webサイト
≪PREVNEXT≫
プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック