スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1の臨場感を伝え切ることができるか。

音の力×3D映像の臨場感

すでにご存じのとおり、ホンダはインターナビ・システムを使った様々な情報サービスやコンテンツのリアルタイム配信に取り組んでいて、利用しているライダーの方も多いのでは。僕ら紙媒体とは真逆の存在だけど、そんな中、そのプロジェクトの一環としてオープンしたサイトが、ちょっとおもしろい。

「3D-View」というコンテンツの1つらしいんだけど、サウンドと3D映像による臨場感を楽しむモノ。で、今回はF1ファンやモータースポーツフリークにとって"神様"として伝説になっている、アイルトン・セナの走りを楽しめるんだとか。セナが「マクラーレン ホンダ MP4/5」を駆って鈴鹿を走るエンジン音や走行軌跡を、臨場感たっぷりのサウンドと3DのCGマルチアングル映像で体験できる。今日から公開されてんだとか。

gamen.jpg

画面の写真ではさっぱり分からないけれど、この音声、実は'89年の鈴鹿GP予選でセナが最速ラップを叩き出した時に記録されたデータが元になっている。実際のアクセル開度やエンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析して、緻密に再現されたエンジン音というからおもしろい。走行軌跡も現代の3D・CG表現技術を駆使して再現されており、当時じかに鈴鹿で神の走りを目の当たりにした層やF1フリークにはエンタメとして、スポーツ走行好きにはいい勉強材料になりそうだ? 何より、やることがスポーツカー好きなホンダっぽくてイイ。

同サイトは、ホンダが現在行っている「Ayrton Senna 1989」プロジェクトの取り組みの1つとして公開されていて、MP4/5のサウンドを自分のクルマに同期させてドライブを楽しめるiPhoneアプリなんかも公開されているとか。何はともあれ、ホンダのインターナビWebサイトに下記からアクセスして、その臨場感を味わってみては。

Webサイト 「dots lab by internavi」
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。