スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルモデルチェンジを受けた伝統の名馬

Triumph BONNEVILLE Street Twin

02_20151211230311fa1.jpg

見事な復活劇でバイク業界に戻ってきたトライアンフが、今年で25年の節目を迎えました。そんなわけで一大リニューアルを敢行したのが、ボンネビルシリーズ。その3兄弟の中核となるストリートツインについて、気になるスペックが発表されました。

来年1月より発売が予定されている新型ストリートツインは、高トルク型900cc新エンジンを搭載。最高出力55ps/5900rpmに対し、最大トルクは80Nm/3230rpmと、従来比18%増しでぐいぐい押していく感じ。次世代モデルとして吸気コントロールにライドバイワイヤを導入したこともあり、高トルク&ハイレスポンスで、見た目を裏切る走りを見せてくれそうです。

またシート高もこれまでの英国人的サイズ感から、750mmの日本人向けにダウンサイジング。全長2090mmに対して乾燥重量198kgと、ガラと見た目の割に乗りやすいマシンに仕上がっているようですね。トラクションコントロールやアシストクラッチも標準装備とかで、時代に合わせて名馬もずいぶん進化したもんです。気になる値段は、シンプルなブラックで999,500円と、100万切りを果たしています。

同モデルは全面改修とあって各部に最新技術が導入され、デザインも細部まで一新されたわけですが、最大のポイントは純正カスタムパーツでけっこうカッコよくブラッシュアップできる点。このところ輸入車はカスタムベッドがブームみたいな感じですが、そうした流れが新たなバイク需要とかを生んでくれないかなぁ…と、揉み手をして待っていますです、はい。

03_20151211230534aac.jpg

■SPEC
Triumph BONNEVILLE Street Twin

車体サイズ/全長2090・全幅785・全高1114(mm)
エンジン型式/水冷SOHC並列2気筒900cc
最高出力/55ps(40.5kw)/5900rpm
最大トルク/80Nm/3230rpm
ミッション/5速
シート高/750mm
乾燥重量/198kg
タンク容量/12リットル
タイヤサイズ/F100/90-18・R150/70-R17
カラー・価格:ブラック999,500円、レッド、シルバー、マットブラック1,021,500円
■トライアンフJAPANウェブサイト http://www.triumphmotorcycles.jp/
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。