スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小マジェならぬ小MAX!? ヤマハMAXシリーズに末弟が登場

BLUE COREエンジン搭載 YAMAHA NMAX
NMAX01.jpg
R25のヒットをはじめ、全日本でも活躍を見せ、あたり年まっただ中のヤマハ。そんな同社で人気のスポーツスクーターといえばT-MAXですが、そのMAXシリーズに125ccクラスがこの3月から新たに仲間入りします。

同モデルは、環境性能に優れた水冷4サイクルSOHC 4バルブ124ccの「BLUE CORE」エンジンを国内モデルとしては初めて搭載。高効率燃焼と高い冷却性、ロス低減という3点が追求されたパワーユニットであり、ヤマハスクーターの国際規格ともいえる基幹エンジンなわけです。注目は、低中速側と高速側で切り替える可変バルブの採用。燃焼効率に加えトルク特性と燃費向上を狙い、さらに高速域での小気味よい加速が信条なんだとか。

 新規設計のフレームに搭載されたエンジンは、小型ラジエターとクーリングファンをエンジン右側に備えつつコンパクトにまとめ、広いフットスペースを確保。他にもフリクションロスを低減するオフセットシリンダーやローラーロッカーアーム、小型ACMなど、随所に最新の高燃費設計が垣間見えます。

 一方で、シリーズの名に恥じないスポーツ性と精悍なボディも特長。エンジン懸架方式は、リンク式エンジンマウント方式とすることでダイレクトな操作感を重視。足まわりも、専用開発の前後13インチタイヤにABSを標準装備する豪華な仕様。それでいて、コンパクトな車体ながら比較的余裕のあるライポジは街中での普段使いに威力を発揮するはず。やや立ちあがり気味のフォルムは、キリッとした2眼ヘッドライトのマスクに各部の引き締まった凝縮感が加わり、兄貴分に劣らない"いかつさ"とシャープな印象が現代的です。

 現在小排気量車はいずれも東南アジアが主な市場で、国内ユーザーの嗜好にマッチしづらいと思われがち。ですが、何だかんだいってもお得な125スクーターがカッコよくなるのは、いいことでヤンス!!
NMAX02.jpg

■SPEC
エンジン型式:水冷4ストロークSOHC 4バルブ単気筒124cc 全長×全幅×全高:1955×740×1115(mm) シート高:765mm 車両重量:127kg 定地燃費:50.5km/L(60km/h 2名乗車時) 最高出力:9.0kW(12PS)/7500r/min 最大トルク:12N・m(1.2kgf・m)/7250r/min タンク容量:6.6リットル タイヤ:F110/70-13M/C 48P R130/70-13 M/C 57P(チューブレス) ブレーキ:前後油圧ディスクブレーキ カラー:レッド、ホワイト、マットグレー、ブラック
価格:340,200円
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。