スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値段は上がったけどカッコよくなったね

こんな時代だからこそ、の1台。
HONDA NC750X


01_2016012611045526d.jpg

ホンダの新たな戦略「ニューミッドコンセプト」の尖兵として'12年に登場した"NC"シリーズ。中でも「X」は、オールラウンダーなキャラとポテンシャルに比した価格の安さが人気を博しました。中庸的なスタイルに優れた燃費、十分なラゲッジスペースなど、1台で何役もこなす器用さがウリですが、そんな同モデルが'16年モデルとしてモデルチェンジを受けました。

02-2.jpg

NCシリーズは'14年に排気量を750ccにスープアップさせ、同じ価格帯で700時代よりもポテンシャルに磨きをかけたわけですが、今回はさらに細部が煮つめ直され、基幹モデルにふさわしいデザインとクロスオーバーな機能を身につけたと言えます。パッと見の違いは、よりシャープな印象となったルックスですが、カウル類の配置とデザインを一新することで、より"頼りがいのある"感じを押し出しています。何より、前後ともLEDが採用されたライトと併せ、ポジションランプをヘッドライトの輪郭に配置した、くまどりのような顔つきが今っぽいですね。Rカウルにビルトインすることでスッキリとしたお尻や異形断面のショートサイレンサーなども、野暮ったい雰囲気を払しょくしています。

04_20160126110624be9.jpg

今回はDCTも手直しされ、Sモードが3段階のシフトタイミングを選択、記憶できるよう設定されました。これによりライダーの好みや状況に応じて、高回転域を多用するレベル3~中域中心でトルク感のある走りのレベル1までを選択可能に。さらにATモードでは、斜度に応じて登り/下りで適正なシフトタイミングに熟成、スロットル開閉時の車体挙動変化の低減やシフトダウンできる速度域が各台されるなど、細かいところまで見直されているようです。

05_20160126110637160.jpg

また車体各部については、Fサスにデュアルベンディングバルブを採用。ピストンの動作スピードにマッチした減衰力を発生させることで、乗り心地の質感が向上したとのこと。Rサスにも、プリロード調整機構が新たに追加されるなど、仕様が豪華に。便利なラゲッジボックスも容量が1リットル拡大され22リットルに、同時にフタの上にはバックが取り付けられるよう、専用のレールが設けられています。車体色は全タイプでレッド、ブルー、ホワイト、ブラックの4種類で、ロードモデルの"S"も健在です。

03-2.jpg

バリエーションが豊富な同シリーズですが、通常のXに加え、今回もローシートのタイプLDとDCTを設定。それぞれにABS装着車がラインナップ、加えてDCTモデルにはETCとグリップヒーターを装備したEパッケージもあり、旅のツールとしてますます充実度を増しています。一本気で割り切ったキレキレのマシンもいいですが、時代に乗っかったこういうオールインワンも、楽しみの幅が広がっていいな~なんて思っちゃいますね。

■SPECIFICATION
・HONDA NC750X
全長×全幅×全高:2230×845×1350(mm) エンジン型式:水冷4ストロークOHC 4バルブ2気筒745cc 最高出力:40kw(54ps)/6250rpm 最大トルク:68N・m/4750rpm シート高:830(mm) ミッション:6速リターン 車両重量:218kg 燃費:42.0km/リットル(60km/h定地燃費・2名乗車) タンク容量:14リットル タイヤ:F120/70ZR 17M/C(58W)・R160/60ZR 17M/C(69W)
価格:NC750X/Type LD 743,040円、NC750X/Type LD ABS 793,800円、NC750X DCT/Type LD ABS 859,680円、NC750X DCT/Type LD ABS Eパッケージ 924,480円

http://www.honda.co.jp/NC750X/
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。