[DN-01]猿島に行ってきた。(その2)

桟橋のある砂浜側から坂道を登って山の方に行きます。
DN-01
地元に住んでいる友人の話しによると、閉鎖前の遊歩道が整備される以前の様子は、草が伸び放題で荒れ放題。
ちょっとした探検気分が味わえたとのことです。
緩やかな坂道なんですが、何往復もするとさすがに足が疲れる。
小さな島なのにアップダウンはキツイです。

あちらこちらに円形の跡が…。
友人たちとの大きさを比較下さい。
DN-01 DN-01
コンクリートで埋められていますが、ここは砲台の跡です。

砲台の中心。
DN-01
このボルトは当時のままのようです。

猿島名所のひとつ、山を貫いてる巨大トンネル。
DN-01 DN-01
レンガ造りの構内がシンとして時間が漂っています。
人間の作った石の塊なんて、たった百年で自然に飲み込まれる。
きっとマチュピチュやアンコールワットも役目を終えて100年ぐらい経過したときには、こんな感じだったのだろう。
……と柄にもないことを喋りながら足を進める。

高台にあがると。
どこかで見たような建物が……。
DN-01
ショッカー軍団の秘密基地ですね。
こんなところから世界制服を狙っていたようです。

前日は記録的な真冬日だったのに、この日は太陽こそ雲に隠れてはいましたが、昼過ぎになるとグングン気温が上昇。
「暑いわっ!」
ダウンジャケットを着ていた友人は、小脇に荷物を増やす。

島の反対側まで来ました。
崖沿いに急な階段があるので下りていきます。
けっこう急角度です。
しかも足元は海っ!
DN-01 DN-01
終点は日蓮洞穴。
なんだかありがたい気分になりました。

(つづく)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック