スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康優良マッドサイエンティスト!!

バイク雑誌で仕事をしていると、この業界にいる様々な方と知り合うことができる。モータリゼーションの中でも成熟の途上にあるバイク業界は、いろんな活動やアイデアが渦巻くまさに"るつぼ"で、何年首をつっこんでいても飽きないんだなぁ。

そんな人たちの中で、オレがよく顔を出すお店が、瀬戸市にある「ヨシダマシン」。外観は街の下請工場みたいだけど、一歩足を踏み入れれば、そこは工場なんていうのが野暮なくらいの秘密基地っぷりだ。削り出しワンオフパーツの製作を得意とし、古い英国車を作風とする県下屈指のカスタムビルダーでもある。

代表の吉田さんは職人だけど人懐っこい感じで、地元を拠点に活動を行うR&B系アマチュアバンド「Trump」のリードギター兼ヴォーカルでもある。その辺りでも波長が合うのか、それとも雰囲気なのか、訪れるといつも長居してしまうんだなぁ。

工場内1
上の写真は工場内部で、小さなスペースから大きな夢が生まれる現場。リフトに乗っているのは吉田さんの愛車「トライトン」。その手前には、現在カスタム中のSRが。整然と並んだ作業台の一角。いかにも職人の作業場だけど、この奥にフライスなどが並ぶ。

クランク1
カスタム中のSR400は、実は排気量を拡大する作業中。写真はそのクランク部分のアップ。古い英国車に多いLUCASの発電機アウターローターとハーレーのポイント点火を組み合わせるのだとか。そのクランク部分をアップしてみると……

加工跡1
ストロークアップのために、クランクピンの穴位置を変真させた加工痕が見える。いったん削り込んで別の素材を打ち込んだ後、新しい穴を作成。なんでもボアをφ90に、ストロークは70.6mmまで延長し、計画では449ccまで拡大するのだという。

こういう作業が得意な「ヨシダマシン」。世界に1台だけのマシンがほしいなら、秘密基地のトビラを開いてみては?



「ヨシダマシン」
愛知県瀬戸市西本地町1-21
TEL0561-84-2540

http://sun.ap.teacup.com/umworks/
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。