スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊バイクタイム東海vol.9 7月号では、カワサキZX-14Rに試乗したインプレも掲載!

s-ZX-14R走行 左側
表紙がシブかっこいいバイクタイム最新号、もうご覧いただけましたか!?

今回のツーリング特集で、飛騨に連れ出したのが、トリック★スター名古屋でお借りした、
カワサキがほこるフラッグシップZX-14R

ラムエアなしで200馬力と、とんでもないモンスターマシンかと思いきや、街中でも扱いやすいバイクでした。

具体的には、ご覧の足つき↓
s-ZX-14R足つき
身長171cmのライダーで、特にローダウン加工などは施されていません。

試乗車には、トリック★スター製 スポーツキャタライザーシステム フルエキゾーストサイレンサー
で純正比マイナス約19kgの軽量化、ほかにフレームスライダー、バックステップなどが装着されていました。

駐車場にアタマから突っ込んでも、両足を着いたまま、ペタペタと足で漕いでバックできちゃいます。

軽量化に貢献するそのエキゾーストですが、
アイドリングでは小気味良いサウンドを聴かせるものの、回転数を上げても耳障りな騒音といった感じではなく、
適度な音量に抑えられています。

スロットルレスポンスも過敏ではなく、望んだだけのトルクを得られる特性で、
タンデムシートに人を乗せた場合はゆっくり開けていけば紳士的な運転を楽に行えます。

100km/h・トップギア6速の回転数は3400rpmほど。
そこから右手を大きく捻れば、さすがに200psと162.5N・mのトルクで、
アッという間に異次元の加速です。

ちなみに、レッドゾーンは11,000rpmからで、ラムエアを加味した最高出力は210ps!

パワーモード、トラクションコントロール、ABSまであって
これはもう、ほぼ弱点が見当たらないメガスポーツ。

と言うよりも、超高速性能を持ったスーパースポーツと言うべきバイクですね。

こちらもポチっとお願いします


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年06月11日 17:40

まとめtyaiました【月刊バイクタイム東海vol.9 7月号では、カワサキZX-14Rに試乗したインプレも掲載!】

表紙がシブかっこいいバイクタイム最新号、もうご覧いただけましたか!?今回のツーリング特集で、飛騨に連れ出したのが、トリック★スター名古屋でお借りした、カワサキがほこるフ...

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。