スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル漏れにはおがくずが有効。

思わず「なるほど!」とうなずく経験の賜物

先日、取材に某バイクショップを訪れた際、ちょうど修理車の処理を行っていた真っ最中。ピット前に擱坐した車両をリフトまで運ぶところだったのだが、アスファルトの展示場にはかなりの量のエンジンオイルが漏出しており、なかなか重症のようだ。

ようやく車両を運び追え、あとはオイルの処理だが、フラットな床と違ってアスファルト上にこぼれた油の除去は目地に染みこんでしまうためやっかいだ。サーキットならさしずめオレンジボールが振られるところだが、お店の女将さんがおもむろに取り出したのは「おがくず」。

001-2.jpg

そいつを漏れたオイルの上にばさっとぶちまけ、ほうきで広げ、伸ばしていく。すると、乾燥したおがくずがみるみるオイルを吸い込み、茶色く変色。それをさらにほうきでゴシゴシ、ちりとりで回収する。気づけば、あれだけのオイルがもはやシミだけになっていた。

002-2.jpg

で、ようやく脱脂洗浄剤や洗剤、高圧洗浄機の出番というわけ。これをやるのとやらないのとで、後の作業の手間と時間が大幅に違ってくるのだという。聞けば、この方法はサーキットでも行われているのだそうで、おがくずはお客さんの木工店から廃材としてもらうので、エコだったりもする。ホームセンターで買えるようなら、「バラす」ライダーならストックしておきたいところ。

05.jpg

そりゃそうだよね。オイル抱えて走るクルマやバイクを扱うからには、その処理も心得ていないと。勉強になりました!!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。