スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDA Sh mode 

おしゃれ層に向けた原二スクーター。

8月末に発表され、そろそろ店頭に入荷が始まっているホンダの新125ccスクーター「Sh mode」を、たまたま訪れたショップで発見。最新作ということで、前のめりに観察してみた。

全体

NEWモデル5連発で125ccに力を入れているホンダが、国内市場向けに発売した6連発目が同車。ピアジオ系やマラグーティなんかの欧州スクーターと同じ匂いがするけれど、"SH"の名の通り、本来は'02年よりヨーロッパ向けにデビューしたシリーズ。イタリア生まれのベトナム育ちという、昨今の生産事情をよく表しているけど、見た感じの質感はなかなかのもの。

詳細1
以来、マイナーチェンジで使い勝手を向上させる程度で、流行に左右されない芯のあるデザインを踏襲するルックスが特長。F16/R14の大径ホイールを採用し、石畳や荒れたアスファルトにも対応。エンジンは小排気量の世界戦略車に供給される最新の環境型「eSP」エンジンを搭載。車体も、余裕はあるが手狭さを感じさせない絶妙なサイズ感だ。逆手にとれば、伸長を続けるアジア市場の影響なんだろうけど、これはこれで、日本にあまりないテイストだし。

詳細2
やや立ち気味のライポジと、お尻のあたりが広めのシート。同乗者の安心感を増幅させる可倒式の幅広ステップ。足もとに窮屈さを感じさせないフロア。さらに標準でグラブバー付きキャリアやコンビブレーキ、シート下に18リットルのトランクを備えるなど装備に抜かりはない。気になるのはホイール径からくる足つき性くらいだけど、身長171cmのオレがまたがって、何の不安も感じなかった。

価格はPCXやリード125と同じラインで、チョイおしゃれ路線のユーザーがターゲットなのかな。特に変なおっちゃんが多い本誌編集部内でのウケは、意外なほど良かったりして……?

イラスト

■SPECIFICATION
エンジン型式:水冷4ストローク OHC単気筒 124cc 最高出力:8.4kw(11ps)/8500rpm
最大トルク:12N・m/5000rpm シート高:765mm 車両重量:116kg タンク容量:11リットル
定地燃費(国交省届出):52.0Km/L(2名乗車) カラー:ベージュ、白、黒
メーカー希望小売価格:299,250円
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

月刊バイクタイム東海

Author:月刊バイクタイム東海
2011年10月6日に東海地区で新創刊の「月刊バイクタイム東海」。元バイクガイドのスタッフが発行元を変え新たに誕生しました。愛知、岐阜、三重、静岡県の新車、中古車のバイク情報。ツーリング、イベント、オートバイレ―ス、グルメ、バイクショップ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産メーカー。そしてapriliaアプリリア、BWM、DUCATIドゥカティ、HARLEY-DAVIDSONハーレー、KTM、KYMCOキムコ、PIAGGIO VESPAベスパ、SYM、TRIUMPHトライアンフなどの輸入車メーカー情報も掲載。また、月一度の読者ミーティング「Catch in Riders-Z-キャッチインライダース・Z-」も開催中!

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。良ければポチっと押してください。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。